加藤 悦史 (Etsushi Kato)   博士 (地球環境科学)

プロジェクト試験研究部 地球環境グループ副部長 

専門分野:地球規模の炭素循環、二酸化炭素除去/ネガティブエミッション技術、エネルギーシステム分析

略 歴

2002年 北海道大学大学院地球環境科学研究科博士後期課程修了。
筑波大学、海洋研究開発機構、国立環境研究所にて、地球レベルの炭素循環や地球温暖化リスクに関する研究に従事。
2014年より現研究所にて、地球環境およびエネルギーに関する統合評価モデル、二酸化炭素除去技術に関する研究に従事。

略 歴

2002年 北海道大学大学院地球環境科学研究科博士後期課程修了。
筑波大学、海洋研究開発機構、国立環境研究所にて、地球レベルの炭素循環や地球温暖化リスクに関する研究に従事。
2014年より現研究所にて、地球環境およびエネルギーに関する統合評価モデル、二酸化炭素除去技術に関する研究に従事。

略 歴

2002年 北海道大学大学院地球環境科学研究科博士後期課程修了。
筑波大学、海洋研究開発機構、国立環境研究所にて、地球レベルの炭素循環や地球温暖化リスクに関する研究に従事。
2014年より現研究所にて、地球環境およびエネルギーに関する統合評価モデル、二酸化炭素除去技術に関する研究に従事。

主要実績
  • 地球規模の炭素循環: Global Carbon Budget 2022, Earth System Science Data, 14, 4811-4900
  • 正味ゼロ排出に向けたエネルギーシステム分析: Role of NETs and carbon recycling technologies in the transitions of Japan’s energy systems toward net-zero CO2 emissions goal, Sustainability Science, 16, 463-475
  • 二酸化炭素除去技術/ネガティブエミッション技術:Biophysical and economic limits to negative CO2 emissions, Nature Climate Change, 6, 42-50