MENU

新電力ネットワーク技術に係る総合調査(平成17年度経過報告)

新電力ネットワーク技術に係る総合調査(平成17年度経過報告)

1.調査の概要

 独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の委託事業として、平成16年度~平成19年度にかけて、大規模電源と分散型電源の調和のとれた21世紀にふさわしい電力供給システムの構築に向けて、新エネルギー等の分散型電源が大量に連系された場合でも系統の電力品質(適正電圧維持)に悪影響を及ぼさないための系統制御技術(電力ネットワーク技術)、及び高品質電力供給を可能とするシステム(品質別電力供給システム)について、実証研究が行われています。
 本調査は、上記実証研究の効率的かつ効果的な進捗を図るため、また現状と今後の新エネルギーを主体とした分散型電源を含む電力供給の技術的課題や研究開発の方向性並びに経済性を明らかにすることを目的とし、NEDO委託事業の一環として実施しているものです。

2. 平成17年度までに実施した調査内容の紹介

「新電力ネットワーク実証研究 新電力ネットワーク技術に係る総合調査」(経過報告)

報告書名 PDF形式
【第一部】電力ネットワーク技術実証研究に係わる調査(経過報告)
(2006/08/03公開)
9.86MB
【第二部】品質別電力供給システム実証研究に係わる調査(経過報告)
(2006/08/03公開)
17.87MB
【第三部】電力供給の現状調査(経過報告)
(2006/08/03公開)
4.52MB

報告書・外部発表

報告書・外部発表

サイト内検索

PAGETOP
Copyright © (一財)エネルギー総合工学研究所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.