MENU

地球環境グループ

地球環境グループ

グループのミッション

温室効果ガスの排出量増大による大気中CO2などの濃度上昇が、気温の上昇をもたらし、地球環境に大きな影響を与えつつあります。気候変動の問題は、世界各国が協力して喫緊の対策を取らなければならない状態にあり、すでに、各国はポスト京都議定書に向けて交渉に入っています。また、技術面では、長期的気候変動影響の緩和を意図した温室効果ガス排出低減技術の開発がより活発になっています。環境グループは、長期的地球環境に関係する事項を、自然科学、社会、技術の側面から総合的に評価していくことをグループのミッションとしています。
その一環として、温暖化対策技術の導入可能性評価を意図して、化石燃料や新エネルギー、原子力の利用からCO2回収貯留にいたるエネルギーシステムの総合的な検討により、CO2などの排出量削減を進めるべく研究を進めています。また、我が国にとっても重要課題である地球環境問題を、社会経済面、技術面からの背景や動向を正確に把握し、各種ツールを用いて超長期にわたる分析を行い、その成果を国際的に情報発信するとともに、政策提言の参考に資するための情報提供に努めています。

環境グループのミッション

活動実績

地球環境問題などの環境問題に対応するため、環境グループでは、変化の早い世界的情勢を考慮しつつ、これまでに国、独立行政法人および民間企業などの依頼に対して下記のよう地球環境全般に関する技術や政策動向調査を実施してきました。今後も引き続き関連調査を進めていきます。
調査においては、当研究所の再生可能エネルギー、水素エネルギー、化石エネルギー利用、原子力などの専門家の知見を踏まえた情報を反映し、エネルギー需給、地球環境への影響や技術導入可能性評価が可能です。評価にあたっては、統合評価モデル、エネルギー需給モデルなどの分析ツールを用います。

統合評価モデル研究

  • 地球環境統合評価モデル(GRAPE)(別紙参照)による、今世紀末までの長期にわたる エネルギー・経済・気候変動・環境インパクトに関する調査研究

エネルギーモデル研究

  • GRAPEのエネルギーモジュールを用いた超長期世界エネルギー需給およびCO2削減ポテンシャル評価、および日本エネルギーモデル(TIMES-Japan)による、今世紀中葉までの日本のエネルギー需給およびCO2削減ポテンシャル評価

ポスト京都議定書対応についての調査研究

  • 2020年以降の気候変動政策枠組に関する制度調査

地球環境問題への取組みに関する最新情報交換と発信

  • 気候変動に関する政府間パネル(IPCC)への貢献、米スタンフォード大学エネルギーモデリングフォーラムなどへの参画と情報発信

地球温暖化以外の個別分野調査

  • 廃棄物問題などの環境問題に関する調査

研究成果

当グループにおける調査研究の成果は、国、NEDO等の報告書として公開されていますが、そのほかにも、学会発表、研究論文、国際機関報告書(IPCC等)への引用をはじめとした学術的な貢献、行政施策への反映がなされています。

連絡先

氏名 E-mail
部長 黒沢 厚志 ku_ka

サイト内検索

PAGETOP
Copyright © (一財)エネルギー総合工学研究所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.