事業内容

activity_title

事業内容

総合工学の視点に立ち、産・学・官の連携の下、幅広いエネルギー分野の調査研究を実施しています。

  • エネルギー基本戦略に関する調査研究
  • 長期エネルギー技術ビジョンに関する調査研究
  • エネルギーモデルに関する研究
  • エネルギー技術開発動向及び将来性評価の調査研究

  activities_j
<ダウンロード:PDF:54.9KB)>

事業領域:幅広いエネルギー分野の調査研究 
 新エネルギー・電力システム ・ 再生可能エネルギー技術
・ 省エネルギー技術
・ 水素エネルギー
・ 電力ネットワーク
 地球環境 ・ 国際動向調査
・ エネルギーシステム評価
・ 地球温暖化対策
 化石燃料 ・ 石油
・ 石炭
・ 天然ガス
 原子力 ・ 内外動向調査
・ 核燃料サイクル
・ 社会と原子力
 原子力発電技術開発 ・ 軽水炉
・ 安全基準
・ バックエンド
・ 電力ネットワーク

エネルギー・ビジョン

新エネルギー・電力システム、地球環境、化石燃料、原子力および原子力発電技術など幅広いエネルギー分野を横断的かつ俯瞰的に分析するとともに、エネルギーと社会との関係を、エネルギーの開発・供給・利用、地球環境、資源、経済性などの側面から評価し、エネルギー・ビジョンを立案・提示することを通し、学術と実社会を繋ぐ役割を果たし、社会に貢献します。

3E+Sを支えるエネルギー技術

分析ツール

当研究所が開発した、地球環境統合評価モデル(GRAPE)やシビアアクシデント解析コード(SAMPSON)等を使って、エネルギーの評価・分析を行っています。

幅広いエネルギー分野の調査研究

energy_study_areas_02新エネルギー・電力システム

 

バイオマスの変換利用、集光太陽熱発電、CO2フリー水素のサプライチェーン等に関する調査研究や、省エネルギー需要機器、次世代自動車などの開発普及に関する調査研究を行っています。また、これがらの再生可能エネルギーの普及に備え、スマートクリッドの実現に向けたエネルギーマネジメントシステム、デマンドレスポンス、エネルギー貯蔵等に関する研究も重要となっています。

energy_study_areas_04地球環境

 

地球環境統合評価モデル(GRAPE)を活用した地球環境システム評価や、日本のエネルギー需給システムモデルによるエネルギーシステム評価、および国際的芯気候政策動向調査などによって、地球環境問題の解決に資するための貢献を行っています。

energy_study_areas_05化石燃料

 

資源量が豊富な非在来型原油、シエールガスやメタンハイドレートに代表される非在来型天然ガス、低品位炭を含む石炭などの化石資源を効率良く利用するため、ガス化や改質、発電、合成技術とC02回収技術を組み合わせたシステム、さらには再生可能エネルギーを取り込んだシステムの開発および評価を行い、環境適合性の高い新規エネルギー技術の導入普及に資する研究を行っています。

energy_study_areas_06原子力

 

内外の原子力に関する動向調査、高速増殖炉・高温ガス炉等の調査研究、革新技術開発支援および人材育成支援、核燃料サイクル、安全規制のあり方、社会と原子力のあり方など、原子力に関する幅広い調査研究を行っています。

energy_study_areas_07原子力発電技術開発

 

平成20年に(財)原子力発電技術機構の安全解析、高レベル放射性廃棄物の処理処分、廃止措置、耐震安全性などに関する研究開発事業を引き継いだ原子力工学センターを開設し、過酷事故の炉内挙動解析、発電所の安全対策高度化のための技術開発、軽水炉に係る技術開発、廃止措置に係る調査研究などを行っています。福島第一原子力発電所事故からの復旧に係るサイト内外での事業への貢献もしています。

サイト内検索

PAGETOP
Copyright © (一財)エネルギー総合工学研究所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.